• 【歯周病と糖尿病①】

    毎日インプラント励んでいます川口市の芝西歯科医院です。

    歯周病と糖尿病はお互いに悪影響をおよぼす関係にあります。糖尿病は歯周病を悪化させます。

    同時に歯周病も糖尿病を悪化させます。最近は歯周病の治療をきちんと行うことで、血糖値が下がることもわかってきました。

    それでは、歯周病とはどんな病気なのでしょうか?

    続きは②に続きます

  • 「インプラントの基本構造」

    インプラント日々研鑽を積んでいます。インプラントで評判の川口市芝西歯科医院です。

    今回は、少し真面目なお話をします。

    OP直後の写真です

    インプラントの基本的な構造についてのお話です。少々つまらないお話ですので、興味がわかない場合はご容赦ください。

    インプラントの基本構造は3つの構造体からできています。

    フィクスチャー、アバットメンント、上部構造物の3つから成り立っています。

    お口の中から見える部分は上部構造物になります。フィクスチャーとアバットメントは歯肉の下に隠れているものです。

    インプラントの手術の時はフィクスチャーを埋め込みます。その後アバットメントをフィクスチャーの上に締結して、その上に上部構造物をセットします。

    実際にインプラント治療に日々たずさわっていますと、システマチックな治療だなぁと関心する事もあります。

    インプラント治療で評判の芝西歯科医院でした!

  • ホワイトニングの豆知識②

    川口市の芝西歯科医院です。インプラント治療で評判の医院です

    ホワイトニングのお話ですが…

    義父のインプラントオペの写真です...

    さて、前回ホワイトニングのお話しましたが、今回は第二弾です。

    ホワイトニングには大きくオフィスホワイトニングとホームホワイトニングがあります。

    オフィスホワイトニングはその名のとおり歯科医院でホワイトニング治療を行います。ホワイトニング専用のライトを当てながら歯を白くしていきます。少し長い時間お口をあけた状態でお待ちいただくことになります。

    ホームホワイトニングはご自宅にて、専用のマウスピースにホワイトニングジェルを入れてはめてもらい、少しずつ歯の色を白くしていきます。

    オフィスホワイトニングは、短時間で歯を白くすることが可能ですが、後戻りが早いようです。

    ホームホワイトニングは後戻りは少ないようですが、歯が白くなるには少々時間がかかります。

    ホワイトニングの基礎的なお話でした。

    ホワイトニングに興味をおもちの方は、蕨、南浦和、川口など幅広く患者さんがお越しの芝西歯科医院までお問合せください。

  • ボトックスご存じですか?!

    インプラント治療日々精進しています川口市の芝西歯科医院です。

    ボトックスのお話ですが、写真はインプラントのオペです、、、

    先日以前から勉強したかった、ボトックスのセミナーで勉強してきした。

    以前紹介させて頂いた、歯ぎしりをなさる患者さんの治療に使用したりします。

    ボトックス注射をしますと、嚙む筋肉の力が弱まり、はぎしり、くいしばりなどをしなくなったり、力ががかなり弱まり歯に対する負担がかなり減ります。

    結果として顎から耳ぐらいまでのお顔のラインがすっきりして小顔になったりします。

    実習で体験した感覚では注射のい痛みはほぼありません。患者さんが苦痛に感じることはほぼないと思われます。

    今後は歯ぎしり、くいしばりがひどい患者さんには積極的にすすめていこうと考えています。

    (マウスピースとの併用を考えています。)

    ボトックス治療に興味のおありの方は川口芝西歯科医院までお問合せください。

  • 歯がしみる!むしばになった(涙😢) これは『本当?』

    今日も元気にインプラント治療を行っています、川口市の芝西歯科医院です。

    患者さんが再来院される時の理由の一つとしては「歯がしみる」「歯が痛い」は当院でも多くみられます。

    【歯がしみる】の原因が虫歯である時は、もちろんあります。しかし、意外かもしれませんが、それ以外の理由で【歯がしみる】こともかなりあります。

    最近多いと思うのは、知覚過敏が原因で、歯がしみるようになり、いらっしゃる患者さんが昔より増えたなあと感じます。

    そもそも知覚過敏はどうして起こるのでしょうか?

    大きくは2つの理由があるかと思います。

    一つは過度のブラッシングの圧力です。ごしごしはを磨きすぎて、歯が少しずつ削れてしみるようになった状態です。これにより歯がしみてきます

    もう一つは、歯ぎしりや食いしばりによる歯に対するダメージの蓄積です。歯ぎしり、食いしばりによって、歯の表面や内部に細かい亀裂がはいってきたり、歯の表面が削れてきたりします。

    こちらも、歯がしみるようになってきます。

    一口に知覚過敏といっても、原因は様々あります。

    治療法は次回、さらに詳しくお話いたしますね。

    蕨、川口、南浦和、近郊よりインプラント治療を希望する患者さんに、日々精進しています芝西歯科医院です。